キーをCに固定してスケールを覚えよう

ギター 指の長さ01

名古屋の音楽教室「REAL PLAYER’S SCHOOL」です。

ギターでコード演奏ができるようになってきたら、次にソロを弾きたくなります。

ソロを演奏するために最低限必要な知識として、音階(スケール)について理解しておくと便利です。

ここではC音を基準にして、いくつかのスケールを説明していきます。

メジャー&マイナースケール

 

メジャースケールとは、小学校の音楽授業でドレミファソラシドと言って習うスケールです。

まずメジャースケールをドレミ~ではなく、「1,2,3,4,5,6,7」というように度数で表すということを押さえておきましょう。

Cメジャースケール

Cを基準にして先ほどの度数を並べると、「C,D,E,F,G,A,B」となります。

ちょうどシャープもフラットもつかないので理解しやすいのです。

このメジャースケールの度数「1,2,3,4,5,6,7」を基準にして、様々なスケールを説明します。

Cマイナースケール

実はマイナースケールには様々なバリエーションがあり、スケールを使う背景によって使い分けます。
(例:ナチュラルマイナースケール、ハーモニックマイナースケール、メロディックマイナースケール、ドリアンスケール等)

ここではナチュラルマイナースケール(通常マイナースケールと言うとこのスケールを指します)についてだけ説明します。

 

度数では「1,2,b3,4,5,b6,b7」と表されます。

つまり、メジャースケールの「3,6,7度」を半音下げたものです。

Cからの実音で表記した場合は、「C,D,Eb,F,G,Ab,Bb」となりますね。

 

ペンタトニックスケール

ギター 指の長さ03

ペンタトニックとは5音で構成されるスケールのことを指します。

Cメジャーペンタトニックスケール

メジャースケールの「4,7度」を抜いた5音のスケールです。

度数では「1,2,3,5,6」と表されます。

Cからの実音では、「C,D,E,G,A」になります。

Cマイナーペンタトニックスケール

マイナースケールの「2,6度」を抜いた5音のスケールです。

度数では「1,b3,4,5,b7」と表されます。

Cからの実音では、「C,Eb,F,G,Bb」になります。

 

CメジャースケールとAマイナースケール

ギター 高さ 01

実は、CメジャースケールとAマイナースケール(ナチュラルマイナースケール)は、同じ音で構成されています。

Cメジャースケールは「C,D,E,F,G,A,B」、Aマイナースケールは「A,B,C,D,E,F,G」という構成音なので。この二つを同じスケールとして扱ってしまう人がいます。

具体的な例を挙げると、

 

「ここのソロパートはAマイナースケールで弾ける・・・ということは、Cメジャースケールを弾けばいいなー」

 

という考え方ですが、実はこのやり方は将来的にいくつかのマイナスを生みます。

デメリット1

例えばCメジャーキーとCマイナーキーが入ったり来たりするコード進行上でソロを取るような場合、上の考え方ではCメジャースケールとEbメジャースケールを切り替える事になります。

これではキーが変わる際に、スケールの音を7音全部切り替える考え方にしなくてはいけません。

これに対してメジャー、マイナースケールを常にトニックから考えた場合、スケールの中の3音だけを切り替えればよいのです。

デメリット2

コード進行やコードそのものを見て、いちいち別のトニックからスケールを考えなければならないので、ソロを取る前に非常に時間がかかります。


これらの点から、メジャースケールはメジャースケールとして、マイナースケールはマイナースケールとして別個に取り扱えるようにする方が、最終的には物事をよりシンプルに取り扱えます。

シンプルなので使いやすく、対応もより速くなるのです。

同様の理由から、CメジャーペンタトニックスケールとAマイナーペンタトニックスケールも、分けて取り扱えるように練習しましょう。

専用動画とテキストで、スクールカリキュラムの一部を体験!六週間トライコース!!
レッスン料金・各種お問い合わせはこちら
レッスン料金
体験レッスンについて
オンラインレッスン開講中!
お問い合わせフォーム
サブコンテンツ

このページの先頭へ