ギター・ナット交換手順を誰よりも分かりやすく解説します

ギター ナット

ギターのナットを交換することは、実はとても経験を必要とする作業です。

しかし、緊急のメンテが必要な場合には、ある程度の知識を持っておいた方がいいのも事実です。

そこで今回は、練習も兼ねてナットの交換をトライしてみましょう。

学校の長期休みを利用して、腰を据えてチャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか。

ギターのナットの交換をする目的

ギターのナットは、材質によって音色が違います。

ナットを交換することで、より自分の好みに合わせた音色にすることができます。

 

もう一つのナット交換の目的は、弦のゲージを大幅に変更する時です。

使用する弦のゲージにしっかり合った幅の溝切りがされていない場合、ギターのパフォーマンスクオリティが下がってしまいます。

そのため、太いゲージから細いゲージに弦を交換する場合には、ナットを新しく交換することになります。

 

ナット交換に必要な工具

・ナット溝切り専用ヤスリのセット

・サンドペーパー

・ゴムハンマーまたはプラスチックハンマー

・当て木用木材

・プライヤー、ラジオペンチ

・デザインナイフなど刃先の小回りの効くナイフやカッター

・瞬間接着剤

・万力


これらの工具が必要になります。

以下に作業工程を説明していきますので、そこでどのように使うかを覚えてください。

 

ナット交換作業手順

%e7%94%b7%e6%80%a7-%e5%b7%a5%e5%85%b7

ナットを交換する手順は、以下の通りになります。

ナットを外す

ナットに当て木をして、ゴムハンマーなどで軽く叩いてナットを外します。

衝撃に弱い瞬間接着剤などで固定されている場合はこれでOKですが、場合によってはより強力なボンドで接着されています。

この時には、プライヤーやラジオペンチなどで少しずつ力を加えて接着面を外します。

急激に力を加えると、ネックの木材まで痛めることになるので、充分注意してください。

 

ナットが付いていた接着面の接着剤をきれいに落とす

以前接着されていた接着剤の跡を、デザインナイフやカッターなどで丁寧に落とします。

ナットとネックの接触面がデコボコだと、弦の振動をきれいに響かせることができなくなってしまいます。

ネック部分でサステインが減少したりすることを避けるために、極力ネックとナットの接触面を平らにするようにしましょう。

場合によっては、サンドペーパーをかけて平らにする必要があります。

 

新しくつけるナットのサイズ調整をする

新しくつけるナットの幅やサイズを合わせます。

太過ぎてナットの幅に合わなければ問題外です。

また、フィンガーボードのRに合わせて、ある程度ナット上面の高さを調整することも必要になります。

 

これらの工程では、小さなナットをしっかり固定してヤスリで調整するために、【万力】があると非常に便利です。

二千円ほどでしっかりしたものを買うことができるので、是非活用してみてください。

作業精度が大きくアップしますよ!

 

ナットの溝を切る

一度ナットをネックに当てて、実際に弦が通過するポイントを下書きしましょう。

そして、その下書きに合わせてナイフなどで罫書きをします。

この罫書き線をガイドに、ナット専用ヤスリ(ナットファイル)で溝を切ります。

削り過ぎた場合はやり直しが効かないので、慎重に少しずつ削っては合わせての作業を繰り返しましょう。

 

ナットを接着する

ナットの溝の深さと幅がしっかりと調整できたら、ナットを接着します。

次回の交換を視野に入れるなら、木工用ボンドを使うより瞬間接着剤を少量使うのがオススメです。

リペアショップや工房では動物性ニカワを使うこともありますが、素人の工作では瞬間接着剤で充分です。

最終的に弦で上から押さえるので、横方向にずれない程度の固定がなされていれば問題ありません。

 

微調整を行う

ナットを取り付ける際に傾いてしまったり、正しい位置に接着出来なかった場合には、面倒ですがもう一度取り外して再接着をするほうが、長期的には音質やチューニングも安定するのでベターです。

そのためにも、接着時にはできる限り少量の接着剤を使うよう気をつけてください。

 

万一失敗してしまった時には

驚く男性 01

ナットの交換はボディ本体に比較的ダメージを及ぼしません。

そのため、万一ナット交換で失敗してしまっても、リペアショップでリカバーできます。

失敗した時には、リペアショップに再調整を依頼してしまいましょう。

とはいえ、ナット取り外しの際にネックに大きなダメージを与えるとリペア費用も大きくアップしてしまうので、気をつけて作業してくださいね。

専用動画とテキストで、スクールカリキュラムの一部を体験!六週間トライコース!!
レッスン料金・各種お問い合わせはこちら
レッスン料金
体験レッスンについて
オンラインレッスン開講中!
お問い合わせフォーム
サブコンテンツ

このページの先頭へ