ギター・フィンガーピッキングの基礎練習

名古屋の音楽教室「REAL PLAYER’S SCHOOL」です。

今回は、ギターのフィンガーピッキング基礎練習方法を紹介します。

使用する指の少ないものから順に説明しますが、はじめはゆっくりのテンポからメトロノームを使って徐々にテンポアップしていきましょう。

2フィンガー

親指でコード低音部人差し指高音部を交互にピッキングします。

親指はダウンピッキングで、人差し指はアップピッキングになります。

例では5弦にルートがあるCメジャーコードを使用していますが、慣れてきたら他のコードにも置き換えてみましょう。

6弦にルートがあるコードならば、6弦が親指になります。

基礎練習フレーズ1

フィンガーピッキング 01(訂正版)

親指でコードのルートを、人差し指はコードの高音部を交互にピッキングします。

基礎練習フレーズ2

フィンガーピッキング 02(訂正版)

親指はコードのルートだけでなく、他の低音部を交互にピッキングします。

高音部は3弦だけに固定する事でパターンを簡略化しているので、親指の移動に焦点を当てられます。

4弦にルートのあるコードの場合、4弦ルートと5、6弦のコード構成音を交互に低音部として使用します。

基礎練習フレーズ3

 フィンガーピッキング 03(訂正版)

親指は低音部を移動しながら、人差し指でコードの高音部を交互に移動します。

EXフレーズ:コードを加えたバリエーション

フィンガーピッキング 05(訂正版)

厳密には2フィンガーではありませんが、コード高音部を和音にする事でよりコード感を出す事ができます。

考え方は2フィンガーと同じ方法です。

 

3フィンガー

フィンガーピッキング 04(訂正版)

親指は低音部を交互に移動しながら、人差し指と中指で高音部を形作ります。

Cメジャーコードの場合、5、4弦を親指、3弦を人差し指、2弦を中指でピッキングします。

アコースティックギターのバッキングでよく見られるスタイルです。

ここではスペースの都合で代表的なパターンだけの紹介となりますが、様々なバリエーションが存在するので、分からないことがあれば、気軽にご質問下さい。

専用動画とテキストで、スクールカリキュラムの一部を体験!六週間トライコース!!
レッスン料金・各種お問い合わせはこちら
レッスン料金
体験レッスンについて
オンラインレッスン開講中!
お問い合わせフォーム
サブコンテンツ

このページの先頭へ