ギターケーブル徹底比較!値段で音質が激変!?

ギターケーブル01

名古屋の音楽教室「REAL PLAYER’S SCHOOL」です。

ギターケーブルは様々なメーカーからリリースされており、価格帯も大きく変わっているので、ギターを始めたばかりの方はどれを選んでいいのか迷ってしまうと思います。

そこで今回は、幾つかの切り口でケーブルを比較してみたので、是非ケーブル選びに役立てて下さいね。

値段によって何が変わる?

音質

極端な例で比較すると、非常に分かりやすい違いが出てきます。

初心者入門セットなどに付属している「おまけ品」のようなケーブルは、楽器店で500~1,000円以内で買えるため、非常にリーズナブルではあります。

 

ただし、これらのケーブルはノイズを拾いやすく、ギターの音色をフルに活かすためには心許ないのです。

試しに3,000円くらいの価格帯のケーブルを使って比較してみれば、違いがすぐに分かります。

ノイズが少なかったり、アンプのボリュームが同じでも、より大きく聴こえるのです。

また、各メーカーによって音色の違いがあるので、色々なケーブルを試していくうちに、自分の好みにあった音色のケーブルを見つけることもできるようになるでしょう。

耐久性

値段によって、ケーブルの耐久性も大きく変わります。

初心者入門セットなどに付属しているケーブルは、ケーブル自体も細く断線しやすいです。

また、ケーブルとギターを接続するプラグの構造や、ハンダ付けの精度もケーブルの耐久性に大きく関わってきます。

 

価格が上がればより高品質なプラグを使っているため、プラグ内での接触不良などのトラブルもより少なくなります。

実際に使ってみると、安いケーブルと高いケーブルの耐久性は比較するまでもないと思います。

 

メーカーによる違い

メーカーによって、音質は大きく変わります。

これは、各メーカーのギターサウンドに対する指向性が反映されるのですが、代表的なケーブルの特徴を順番に紹介していくので、それぞれを比較する際の参考にしてみてください。

CANARE

コストパフォーマンスが高く、ギター初心者が初めてケーブルを購入する場合にお勧めです。

比較的価格が安いだけではなく、サウンドにもクセがなくオールマイティな音質です。

BELDEN

それほど高価ではありませんが、非常に信頼性の高いケーブルメーカーです。

プロのレコーディングでも使用され、エンジニアの信頼も高いです。

中低域が強調された太いサウンドで、全体的にパワー感も強いです。

モデルによってはケーブルの方向性があり、接続の仕方で音質の変化を作ることもできます。

MONSTER CABLE

他のケーブルよりも比較的高いのですが、非常に人気のあるケーブルです。

製造方法に特徴があり、低域の立ち上がりを損なわず太くハリのあるサウンドを得ることができます。

また、音楽ジャンルごとに音質を選べる商品バリエーションの多さも魅力です。

CUSTOM AUDIO JAPAN

クセがなくナチュラルな印象ですが、一般的なギターケーブルよりも柔らかいのが特徴的で、折れにくく断線などのトラブルが少ないこともメリットの一つです。

憧れのアーティストのケーブルをチェック!

この他にも、数多くのメーカーから様々なケーブルがリリースされています。

最終的には自分の好みになりますが、まずは自分の憧れのアーティストの使用しているケーブルをチェックしてみましょう。

何故そのケーブルを使っているのかが分かれば、憧れのアーティストの音質の特徴を真似することで、自分の好みの音色を作るヒントにもなります。

 

エフェクターを使う場合の注意点

ギターパッチケーブル 01

ケーブルを選ぶことはもちろん重要なのですが、エフェクターを使用する場合、エフェクター間のパッチケーブルにも気をつけてください。

このパッチケーブルの品質が良くなければ、せっかくの音色も全て台無しになってしまいます。

最近では「FREE THE TONE」や「BELDEN」から、ハンダを使用しないソルダーレスケーブルが発売されています。

これらを上手く使うことで、より良い音質を狙っていくことも重要です。

専用動画とテキストで、スクールカリキュラムの一部を体験!六週間トライコース!!
レッスン料金・各種お問い合わせはこちら
レッスン料金
体験レッスンについて
オンラインレッスン開講中!
お問い合わせフォーム
サブコンテンツ

このページの先頭へ