賃貸でもギターの壁掛けはできる!カッコ良く飾ろう

ギター 壁掛け 01

名古屋の音楽教室「REAL PLAYER’S SCHOOL」です。

普段どのようにギターを保管していますか?

保管時の安全性を考えるなら湿度調整したハードケースでの保管がベストですが、演奏するたびにハードケースから取り出すのも面倒です。

最近は、楽器店のように壁に掛けてディスプレイも兼ねたやり方もあります。

 

そこで今回は、ギターの壁掛け方法を紹介していきます。

壁にドリルで穴を開けなくても大丈夫な方法もあるので、賃貸住宅でも気軽に楽しめますよ。

壁に穴を空ける

もっともベーシックなやり方です。

壁掛け用のギターハンガーを壁に直接固定できます。

一番しっかりとハンガーを固定出来る反面、いくつかの問題点もあります。

壁の材質がギターを吊るためにネジを入れるには柔らかかったり、賃貸住宅などで壁に傷をつけることができない場合です。

この様な場合には、後述する壁掛け方法でカバーすることもできます。

 

ディスプレイネットを使う

ギター 壁掛け 03

ホームセンターなどで売られているディスプレイネットを使います。

まずはこのネットを床と天井でしっかりと固定します。

このネットにギターハンガーを取り付けるだけで、ギターを壁掛けすることができます。

注意点

ギター 壁掛け 02

床と天井でネットを固定する際に、確実に固定しましょう。

固定が不十分だと、ギターをかけた後にネットごと倒れる危険があります。

特に、床が畳やソフトカーペットタイプの場合は完全に固定することが難しいので、十分に気をつけてください。

 

ホッチキスを使う

専用のホッチキスでギターハンガーを壁に固定し、ギターを壁掛けする方法もあります。

ハンガーを除去した後にはホチキスの針の痕しか残らないので、ドリルでネジ入れするよりは壁材のダメージは少なくなります。

様々なネックのタイプ、重さに応じたモデルも販売されているので、一度トライしてみても良いと思います。

注意点

これもドリルでネジ入れする場合と同様に、壁材自体の強度が必要です。

壁材の強度が足りなければギターハンガーを固定できません。

 

また、壁材がホッチキスに向いていない場合は別のやり方を考えましょう。

例えば、ガラス窓面やコンクリート面を背景にする場合、ホッチキスそのものが使えません。

この場合は、ディスプレイネットを使って壁掛けした方が良いと思います。

専用動画とテキストで、スクールカリキュラムの一部を体験!六週間トライコース!!
レッスン料金・各種お問い合わせはこちら
レッスン料金
体験レッスンについて
オンラインレッスン開講中!
お問い合わせフォーム
サブコンテンツ

このページの先頭へ