自分に合ったピックの持ち方を見つけよう

スキッピング

名古屋の音楽教室「REAL PLAYER’S SCHOOL」です。

ギターを演奏する時は、コードストロークでも単音弾きでもピックを使用することが多いのですが、今回はピックの持ち方について詳しく説明します。

ジャンルやスタイル、演奏するギタータイプ別に様々なピックの適性があるので、それらをしっかり把握してストレスのないピッキングを目指しましょう。

様々なピックの持ち方

ピックの形状には幾つかのバリエーションがあります。

ティアドロップ、トライアングルがその代表ですが、それらをホールドする右手のフォームは以下の通りです。

【1.人差し指と親指が直角に交わるフォーム】
(※親指の腹と人差し指の側面で挟むことになります)
ピックの持ち方1

【2.伸ばした人差し指と親指の腹で挟むフォーム】
ピックの持ち方4

【3.握り込んだ人差し指と親指でホールドするフォーム】
ピックの持ち方2

【4.中指と親指でピックを挟むフォーム】
(人差し指を補助的にピックに当てるギタリストもいます)
ピックの持ち方3

 

ピックがズレる理由

ギター ストローク(右手)

もしピックがズレてしまう場合は、以下のポイントをチェックしてみてください。

ピックを挟む力が弱すぎる

この場合、弦に当たったピックがその当たりに耐えられずにズレてしまいます。

ピックを挟む力が強すぎる

この場合は、ストロークそのものも強くなりがちです。

ピックを挟む力が強すぎるとピックの弦への当たりも強くなり、ズレないようにさらに強くホールドしようとする悪循環が生まれ、どんどんズレていきます。

指先の乾燥or汗ばみで滑ってしまう

メンタルな理由から、指先に多くの汗をかいてしまう場合もあります。

このような状態を回避するためには、滑り止めのついたピックを使ったり、穴の開いたピックを使ってみましょう。

 

弦に指が当たって痛いのは?

オルタネイトピッキング

ピックを深く持ち過ぎてしまうと、ストローク時にピックを持つ指先まで弦に当たってしまいます。

特にピックを持っている人差し指の爪付近が接触しやすいので、ダウンストローク時にチェックしてみてください。

また、ピックを深く持っていなくても、ピックを持つ角度によって同じように指先を痛めます。

最もよく起こるのは、ピックの先端が上向きになりすぎてしまう状態です。

この場合も、ピックより先に人差し指の先端が弦に接触しやすくなるので気をつけましょう。

 

持ち方の使い分けについて

スウィープピッキング

結論から先に書くと、バッキングとソロでピックの持ち方を使い分けることが多いです。

ソロでは全般的にコンパクトなモーションをするため、比較的深めにピックを持つ傾向がありますが、バッキングではスタイルによって様々なフォームを使い分けます。

メタリックな高速のバッキングでは、ソロと同じようなフォームが使われることが多いです。

コードストロークやファンクのカッティングではより大きくピッキングをするため、ほんの少しピックを軽く持ったり浅く持つことで、弦に対する当たりを調節できます。

これらが理由で、ソロとバッキングでピックの持ち方が変わってきたりするのです。

専用動画とテキストで、スクールカリキュラムの一部を体験!六週間トライコース!!
レッスン料金・各種お問い合わせはこちら
レッスン料金
体験レッスンについて
オンラインレッスン開講中!
お問い合わせフォーム
サブコンテンツ

このページの先頭へ