ギター、フィンガーピッキング(指弾き)は爪で弾く?

名古屋の音楽教室「REAL PLAYER’S SCHOOL」です。

ギターでのフィンガーピッキングの際、「指先で弾くのか?」「爪で弾くのか?」という質問をよく受けます。

フィンガーピッキングという言葉から指弾きをイメージする人も多いのですが、指先・爪それぞれに音色やニュアンスに特徴があり、このやり方でなくてはいけないというルールはありません

状況に応じて、よりフィットする方法を選べばいいと思います。

指先、爪それぞれの特徴

クラシックギター系の教則本では、この疑問について詳細に書かれている事が多いです。

指先で弾く場合、爪で弾く場合の一番の違いはズバリ音色です。

指先で弾く場合

指先で弾くと、爪で弾く場合に比べて、より温かく丸みのある音色になります。

また、ピッキングの強弱を比較的付けやすいといえます。

爪で弾く場合

爪で弾く場合、指先で弾くより、輪郭のはっきりした明るい音色になります。

ピッキングの強弱はもちろん付けられますが、指先に比べて爪はダメージを受けやすいため注意が必要です

エレキ・アコギでもク同様の特徴あり

エレキギターやアコースティックギターのようなスチーム弦でも、同様の特徴に分かれます。

また、クラシックギターのナイロン弦に比べ、アコースティックギターのスチール弦はテンションが高く、爪へのダメージがより大きくなることにも気を付けて下さい。

 

爪で弾く場合の爪の長さ

個人差はありますが、あまり爪が長くなりすぎるとピッキングをコントロールしにくくなります。

また、爪が割れやすくなったり、日常生活のちょっとした事で爪を傷つけてしまいます。

以下の長さをまず基準に考えて、ピッキングの個人差で最終的に調節しましょう。

 

右手指先をテーブルの表面などにコツコツ当ててみます。

先に爪、後から指先が当たるようであればOKです。

この状態でギターを弾いてみて、指先の肉が爪より先に弦に当たらないようにしましょう

この時爪が少し短く感じる人は、1、2日分だけ爪を伸ばして、再度試してみてください。

 

日常的な爪のケアが重要

最後になりますが、爪で弾く場合ケアが非常に大切です。

中には、爪の上にガーゼを当ててそれをアロンアルファで固めたり、乾燥して先端からパリパリ割れていかないよう、保湿液を使うギタリストもいます。

少しでもひび割れたり、爪の表面がカサカサと剥がれてきたら、すぐに対策を取りましょう。

専用動画とテキストで、スクールカリキュラムの一部を体験!六週間トライコース!!
レッスン料金・各種お問い合わせはこちら
レッスン料金
体験レッスンについて
オンラインレッスン開講中!
お問い合わせフォーム
サブコンテンツ

このページの先頭へ